看護部

看護部理念

『科学的根拠に基づいた質の高い看護を提供します』

看護部目標

患者様が治療や看護を安全で安心して受けられる医療・療養環境を提供します

看護部行動目標

▼信頼を得る看護ケアを提供します

 インシデント報告書の内容を分析し、再発防止対策の効果度を70%以上にする。

 行動制限に関する現状分析と、開始から7日以内の早期解除に向けた取り組みを行う。

▼患者様にわかりやすい説明を実践します

 患者満足度の説明に関する項目が80%以上となる。

看護部長挨拶

はじめまして

 青森新都市病院は、今年度9 名の新人を採用、中途での採用者も増えております。

 急性期医療と地域医療を担う機能を持った病院です。そして、今年度の看護部のテーマは「安心」できる看護の提供をコンセプトに計画を立てております。

 3 年目に入った今は、基本となる看護の知識・技術・態度(品性)を形にする一方で、その部署ごとの強みを段階的な教育に結びつける人材育成を目標にしております。

 どのような看護師さんを育てたいか、育ってほしいかと言いますと、病気を持った患者さんや、そのご家族が入院によって色々と中断されることもあります。また、治療過程において回復するということは何を意味することなのか、といった事柄を思うことができる看護師に育ってほしいと考えております。また、患者さんの心の声を受け止める感性と、安全に治癒過程を支援する看護ができることです。日々の看護過程の中で、患者さんと共に成長する対等な関係作りも理想で、それができるように欲張って行きたいと思っております。

 青森新都市病院の医療チームの一員である看護師は、忙しい中にも「やりがい」を持った、医療チームと一緒に

創り上げる質の高い看護を提供できるよう研鑽しています。患者さんの幸せは、私たちケアする側の幸せにもつながります。そんな青森新都市病院を目指しております。

 興味のある方は、病院へいらしてください。そして看護を語りませんか?

看護管理室 看護部長 佐藤 泰子

看護体制

看護部組織図はこちらから

私たちの主な活動

【委員会】

・倫理委員会
・個人情報保護委員会
・褥瘡対策委員会

・救急運営委員会
・院内感染対策委員会

 

・化学療法検討委員会
・教育委員会
・栄養委員会
・情報システム管理委員会
・医療ガス安全管理委員会 

・診療記録管理委員会
・クリニカルパス検討委員会
・医療サービス推進委員会
・医療安全対策委員会
・輸血療適正化委員会