院長あいさつ

医療法人雄心会は、昭和62年函館に函館新都市病院を設立し、そして平成29年5月に青森の西地区に、姉妹病院として当院青森新都市病院を開設しました。青森市の2次救急病院として、令和4年の5月で6年目を迎えることができました。

 青森新都市病院は、開設当時から、24時間体制の救急医療及び脳疾患の治療に取り組み、実績をあげてまいりました。がん治療においても、外科的手術に加え、化学療法、最先端の放射線治療を含めた集学的治療を実施しています。また、社会生活復帰を目指す上で非常に重要なリハビリテーションでは、経頭蓋磁気刺激装置等を用いた新たな治療も取り入れ効果をあげ、在宅医療までのシームレスな医療を実践しております。さらに、健康寿命に大きな影響を与える要介護の原因となる認知症、骨折や脊椎疾患の治療に対しても力を注いでいます。そして、患者さんの背景を認識しながら多角的に診療を行うことができる総合診療科も新設され、各科の連携も一段とスムーズになりました。

病院という組織の中で、個人の成長は各部署の成長に繋がり、各部署の成長はひいては病院の成長に繋がってくると考えています。その意味でも、組織の中で一番大事なのは『人』であります。スタッフの相互理解を大切にし、つながりのある組織を目指し、当院もゆっくりと成長していければと考えています。

 当院は、職員一人一人が、患者さんの回復に向けた医療チームのメンバーであることを意識し、患者さんに安心、安全な医療を提供し、地域の皆様に信頼される病院でありたいと思います。

今後とも、ご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

青森新都市病院 院長 (脊椎脊髄センター長) 末綱 太

青森新都市病院 院長
(脊椎脊髄センター長)末綱

病院沿革

平成29年4月30日 医療法人雄心会 渡辺病院と医療法人雄心会 近藤病院を統合
平成29年5月  1日  医療法人雄心会 青森新都市病院 開院

病院概要

開設者
医療法人 雄心会 / 理事長 伊藤 丈雄
管理者
院長 末綱太
所在地
〒038-0003 青森県青森市石江3丁目1番地
TEL 017(757)8750 / FAX 017(788)9901
面 積
敷地面積 6,791.55 ㎡ / 延床面積 16,938.52 ㎡
構 造・階 数
鉄骨造+一部鉄筋コンクリート造・地下1階、地上7階
病床数
一般病床191床(うち高度治療病床8床、回復期リハビリテーション病床45床)
診療科目
脳神経外科、形成外科、整形外科、消化器外科、乳腺外科、甲状腺外科、外科
消化器内科、循環器内科、脳神経内科、内科、総合診療科
リハビリテーション科、放射線腫瘍科、放射線科、麻酔科、歯科口腔外科
施設・設備
外来診察室10室 手術室4室 救急処置室 内視鏡室
脳波室 心電図室 運動負荷室 超音波室 レーザー治療室
リハビリテーションセンター リハビリ室(4F・5F・6F・7F)
ノバリス TrueBeamTM STx CT(Revolution HD)
MRI(SIGNA Explorer 1.5T) MRI(SIGNA Pioneer 3.0T)
SPECT(Discovery NM 630) 骨密度測定(PRODIGY Fuga)
X線TV   DSA(SIEMENS Artis Q biplane)
ワークステーション(Ziostation2)×2
Advantage Workstation VolumeShare 7XT ×2