手術・中央材料室

手術・中央材料室 師長から

 当院では、4室の手術室で脳神経外科、消化器外科、整形外科、形成外科、乳腺外科、甲状腺外科、下肢静脈瘤(血管内レーザー治療)手術を行っています。脳神経外科においては血管内治療によるステント留置やコイル塞栓術を行っており、消化器外科では、患者さまにとって低侵襲である腹腔鏡手術が多くなっています。また、形成外科では小児のレーザー治療をはじめ、乳腺外科と協働し乳房切除後の再建も行っています。

 またチームとして診療科医師、麻酔科医師、看護師、臨床工学技士、放射線技師、薬剤師、中央材料室等と連携をとり、安全で安心な手術を提供できるように多職種協力しています。さらには、急性期病院として救命センターを備え、夜間・休日を含め365日24時間救急手術に対応できる体制を整えています。私たち手術室スタッフは、「手術はここで受けたい」と思える手術室を目指し日々努力しています。