形成外科の紹介

形成外科

形成外科は外傷・腫瘍・先天異常などの、身体表面の組織欠損や変形、醜状を
整容的・機能的に修復することを目的とする外科系の専門領域です。

 

 

当科で取り扱っている主な疾患は、
〇 頭蓋顎顔面外傷(顔面骨骨折を含む)
〇 傷あと(熱傷による肥厚性瘢痕、ケロイド、ひきつれ、など)
〇 骨の表面・皮膚・皮下に生じる腫瘍(できもの)
〇 腫瘍切除後の組織不足、ひきつれ、の治療(上顎癌、乳癌術後変形など)
〇 体表面の形態異常(耳介、口唇、眼瞼、手足の変形(多指症・巻爪・陥入爪)

 

 

当院には先天性の青・黒・赤アザや外傷性異物の治療や加齢に伴うシミなどの
治療が可能な各種のレーザーが導入されており、

また、北海道大学 形成外科教室の関連施設となっており、連携して診療を行っていきます。