形成外科の紹介

形成外科

形成外科は外傷・腫瘍・先天異常などの、身体表面の組織欠損や変形、醜状を
整容的・機能的に修復することを目的とする外科系の専門領域です。

 

 

当科で取り扱っている主な疾患は、
〇 頭蓋顎顔面外傷(顔面骨骨折を含む)
〇 傷あと(熱傷による肥厚性瘢痕、ケロイド、ひきつれ、など)
〇 骨の表面・皮膚・皮下に生じる腫瘍(できもの)
〇 腫瘍切除後の組織不足、ひきつれ、の治療(上顎癌、乳癌術後変形など)
〇 体表面の形態異常(耳介、口唇、眼瞼、手足の変形(多指症・巻爪・陥入爪)

 

 

当院には先天性の青・黒・赤アザや外傷性異物の治療や加齢に伴うシミなどの
治療が可能な各種のレーザーが導入されており、

また、北海道大学 形成外科教室の関連施設となっており、連携して診療を行っていきます。

形成外科とは

「生まれつきや怪我・病気で生じた、見た目および機能の問題点を正常につくり直す」ことを目標とした外科系の専門領域です。
あらゆる手法や特殊な技術を駆使し、外見のみならず機能も回復させることで皆さまの生活の質 ”Quality of Life” の向上に貢献したいと思っております。

お悩みをお抱えでしたら、一度当院の形成外科へご相談ください!

形成外科が対象とする主な疾患

1 生まれつきの形態異常の治療
・ 口唇裂・口蓋裂
・ 眼瞼周囲の形態異常(眼瞼下垂、眉毛欠損など)
・ 耳介変形(小耳症、埋没耳など)
・ 胸・腹部の変形(漏斗胸、臍変形)
・ 尿道下裂・半陰陽
・ 手足の形態異常:多趾症、合趾症など
・ 皮膚のできもの(粉瘤、脂肪腫、石灰化上皮腫、類皮嚢腫、耳下腺腫瘍、顎下腺腫瘍、異物肉芽腫)
・ あざ(黒あざ:色素性母斑、母斑症、赤あざ:単純性血管腫、いちご状血管腫)

2 外傷後の変形
・ やけど
・ 軟部組織の外傷
・ 顔面骨折
・ 瘢痕

3 腫瘍切除後の組織欠損
・ 乳がん・上顎がんなど

4 その他
・ 顔面神経まひ
・ 陥入爪
・ 顎変形症
・ 腋臭症

Vビームレーザー(色素レーザー)

Vビームレーザー(色素レーザー)

波長がより深部に届く為、特に赤あざを
治療することに適しています

笑顔再び −青森発・形成外科入門(全6回)東奥日報 夕刊 連載

画像がうまく拡大できない場合は以下のPDFファイルを御覧ください。