在宅医療部門(在宅ケアセンター)

理念

病気や障害があっても安心して自分らしい生活ができるよう生活環境を提供し、ご利用者様やご家族様に寄り添いながら「暮らし」を支援します。

訪問看護ステーション

病気や障害がありながらも、自宅で生活したい・家で最期まで暮らしたい等のご希望に沿うようご本人やご家族に寄り添いながらお手伝いします。
また、主治医やケアマネジャー等多職種と連携しながら安心して生活できるようサポートします。


リハビリ専門のスタッフが、生活の視点からアドバイスを行います。
PT・OT・STがサポートします(24時間対応可能です)

「もし自分だったら、自分の家族だったら・・」
との思いで職員全員がサポートします。

訪問看護の内容

・ご自宅での看取り(がん末期の方、高齢による方)
・緩和ケア
・全身状態の観察
・排泄のコントロール
・療養上のお世話
・医師の指示による医療処置
・医療機器の管理
・床ずれ予防及び処置

・リハビリテーション(日常生活の視点から行います)
・認知症及び精神科疾患の方のケア
・社会資源の活用と助言
・小児の看護
・難病の方の支援      
・障がい者の方の支援
・家族支援
・緊急時対応

ご利用いただける方

介護保険適用の方

 65歳以上(第1号被保険者)で介護が必要な方と、40歳~64歳までの方(第2号被保険者)で老化が原因とされる病気(特定疾病※)によって介護が必要な方

医療保険適用の方

末期がん、厚生労働大臣が定める疾病(※別記)・急性増悪期の訪問看護は、介護保険の対象の方でも、医療保険から訪問看護を受ける事になります。


40歳までの医療保険加入者と精神科訪問看護は従来通り、かかりつけ医の指示により医療保険から訪問看護サービスを受けることができます。

*厚生労働大臣が定める疾病

末期の悪性腫瘍・多発性硬化症・重症筋無力症・スモン・筋萎縮性側策硬化症・脊髄小脳変性症・ハンチントン病・進行性筋ジストロフィー症・パーキンソン病関連疾患(進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症、パーキンソン病(ホーエン・ヤールの重症度分類がステージ3以上であって生活機能障害度がⅡ度又はⅢ度のものに限る))・多系統萎縮症(線条体黒質変性症、オリーブ橋小脳萎縮症及びシャイドレーガー症候群)・プリオン病・亜急性硬化性全脳炎・ライソゾーム病・副腎白質ジストロフィー・脊髄性筋萎縮症・球脊髄性筋萎縮症・慢性炎症性脱髄性多発神経炎・後天性免疫不全症候群・頸髄損傷・人工呼吸器を使用している状態

ご利用料金

在宅医療ご利用料金

新都市居宅介護支援事業所

居宅介護支援事業所では
自宅で介護を受けているまたはこれから受けようとしている方が、適切に居宅介護サービスを利用できるようにケアマネジャーがケアプラン作成を行います。また、その他認定調査や相談業務も行っています。
* ご利用者さまから料金はいただきません。

ご利用いただける時間(訪問看護・居宅介護支援)

月曜日~金曜日:9:00~17:00 / 土曜日:9:00~12:00
(居宅介護支援事業所は土曜日お休みです)

日曜日・祝日及び12/29午後~1/3は、原則お休みとなります。

お申込み方法

○ 新都市在宅ケアセンターへ直接
○ かかりつけ医へ相談
○ 居宅介護支援事業所・地域包括支援センターへ相談

≪お問い合わせ≫ 医療法人雄心会   新都市在宅ケアセンター
TEL:017-757-8373 /  FAX:017-757-8374
〒038-0003青森市石江高間104-156
担当:訪問看護 成田  居宅介護支援 奥崎

Copyright© 2017 医療法人 雄心会 青森新都市病院 All Rights Reserved.