青森新都市病院救急体制

青森新都市病院救急部は、平成29年5月1日より救急患者様の受け入れを開始しました。
すでに、脳神経外科・整形外科・内科(消化器内科・循環器内科)の分野で患者さんの受け入れを行っています。入院加療を必要とする2次救急体制をとっていますが、脳神経外科領域においては、早期治療を必要とする3次救急の役割も担っています。
日中は、各科の医師がそれぞれの専門性に特化し、専門医療機器を駆使しながら、救急治療に当たっています。また夜間、土・日曜、祭日に於いては、各科の担当医師が交代で24時間救急患者を受け入れることができる体制をとっており、救急車のみならず夜間救急窓口に直接訪れた患者様の治療にも積極的に取り組んでいます。
まだ開院して間もないですが、地域の救急医療の一翼を担い、地域の皆様に貢献できる医療を行うべく、日々研鑽を積んでいく一存です。