リハビリテーション科の医師紹介

木下 翔司(きのした しょうじ)
リハビリテーション科医長 (リハビリテーションセンター副センター長)
東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座 所属

出身大学:東京慈恵会医科大学
平成26年:東京慈恵会医科大学付属第三病院リハビリテーション科
平成27年:西広島リハビリテーション病院
平成29年:青森新都市病院リハビリテーション科

当科では、患者様の機能回復を促進し、活動へ結びつけることを目標とし、急性期から維持期にかけ、入院・外来・訪問リハビリを行っています。
嚥下(飲みこみ)については検査による評価とリハビリテーションを行っています。手足の装具についても作成と調整を行います。
 ボツリヌス療法、経頭蓋磁気刺激(rTMS)治療などの先進治療に、
慈恵医大との連携のもと、積極的に取り組んでいます。 
リハビリについてお困りのことなどありましたらお気軽にご相談ください。

安保 雅博(あぼ まさひろ)
非常勤医師(リハビリテーションセンターセンター長)
東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座 主任教授

出身大学:東京慈恵会医科大学
平成2年  3月:東京慈恵会医科大学卒業
平成5年  3月:神奈川リハビリテーション病院リハビリテーション科医員
平成6年  3月:東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座助手
平成8年  4月:東京都立大久保病院リハビリテーション科医員
平成10年1月:東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座助手
平成10年4月:スウェーデン カロリンスカ研究所/病院
       Department of Clinical Neuroscienceに留学
平成12年5月:帰国
平成12年8月:東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座講師
平成13年7月:東京慈恵会医科大学附属病院リハビリテーション科診療医長
平成13年9月:東京慈恵会医科大学附属病院リハビリテーション科診療部長
平成19年4月:東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座主任教授
平成21年4月:首都大学東京客員教授

医学博士
日本リハビリテーション医学会 リハビリテーション科専門医