放射線腫瘍科の医師紹介

唐澤 久美子(からさわ くみこ)
非常勤医師
東京女子医科大学 東京女子医科大学 医学部長

出身大学:東京女子医科大学
昭和61年:東京女子医科大学放射線科 研修医
平成元年:東京女子医科大学放射線医学講座 助手
平成12年:東京女子医科大学放射線医学講座 講師
平成14年:順天堂大学医学部放射線医学講座 講師
平成17年:順天堂大学医学部放射線医学講座 助教授
平成23年:独立行政法人
      放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院治療課第三治療室長
平成27年:東京女子医科大学放射線腫瘍学講座 主任教授

医学博士
日本乳癌学会 乳腺専門医

橋本 弥一郎(はしもと やいちろう)
非常勤医師
東京女子医科大学 放射線腫瘍学講座 講師

 

出身大学:広島大学
平成14年:広島大学研修医 
平成15年:東京女子医科大学放射線医学講座 助手 
平成28年:東京女子医科大学放射線腫瘍学講座 講師

医学博士

 

八戸、上十三地域より、下北、津軽、青森地域の発生率が高い 傾向にあるそうです。
「青森県は、がんの死亡率が全国で最下位です。地域別にみてみると、八戸、上十三
地域より、下北、津軽、青森地域の発生率が高い傾向にあるそうです。
その理由として、下北、津軽、青森地域は病院までのアクセスが悪いことが挙げられます。
当院は、新青森駅から徒歩圏内にあり、アクセスは非常に良好です。
がんは一般的に不治の病と思われがちですが、早期発見できれば治る病気ですし、
進行期で発見されても適切な治療を行うことによって、うまく付き合っていくことも可能です。少しでも青森地域のがん治療に貢献できるように頑張りたいと思います。